☆DUCATI by Alpinestars メッシュジャケット ブラック/L,

イエローコーン 牛皮ジャケット,

ライブDioAF34 【初回限定お試し価格】

ライブDioAF34
原付欲しい人いませんか〜? ライブディオAF34 フル純正 改造点メーター球紫 不具合キック何回かでかかります 下向きのライトはカプラー変えれば治ります セルは基本1発! 値段は4万 自賠責保険30年6月まで! 名義変更こちらでします

ライブDioAF34 バイクウエア/装備 【初回限定お試し価格】

ライブDioAF34 バイクウエア/装備 【初回限定お試し価格】

ライブDioAF34 バイクウエア/装備 【初回限定お試し価格】

  • 2.00

    最後までは見れない(これ以上加藤を見たくない)

    そら

    ザコシは面白いけどネタがワンパターンなのでそのうち飽きそう。加藤がうざすぎる。終始加藤が絡んでくるので加藤色が強くなり全体的にくだらない回になっている。他の方もおっしゃてるが、ドキュメンタルに加藤を入れたのは失敗かな。シーズン6の近藤春菜につづき芸人としては失格でしょう。

  • 1.00

    ザコシの笑いに合わないと辛い

    ASDF

    ザコシがあまり笑えない自分にとってはキツかった。この手の積み上げ系じゃない、頭使わない笑いって長時間やって面白いですか?良くも悪くもテレビ的な、文脈無しの瞬発力の笑い。それを6時間ってどうなのよ。途中から不評回のシーズン6より見るのが厳しかった。あっちは実験的で得るものがあったので。レビューでめっちゃ批判されてる加藤も系統が近い。加藤はネタの使いまわしに加えて展開がない。この2人の主導ってのは個人的にハマらないパターン。ですが一応、この2人は芸人としてはかなり好感を持ってます。ただドキュメンタルで長時間はもう飽きたということ。例えば一番ウケてたのがザコシの動画のシーン。動きそのものが主体で展開は薄い作り。ゲラゲラ笑って2連続カードとか出てたけど意味が解らない。たむけんは笑いながら「なんやねんこの音」とか何度も音に引っかかってたけどそれ自体はモールス信号で完全なアリモノだから。完全に置物だったハチミツ二郎、ダメダメだったこいつとどこか同じ気持ちで見てました。ああザコシに一切ハマってないんだな、どうしようもないんだろうなと。提案なのですが、一度、出演者の系統を寄せてキャスティングする回を作ってはどうでしょうか?今のフォーマットだと騒ぐボケ芸人が評価される場になってる。色んな笑いが見たいよ。今のフォーマット続けてガチの賞金1000万円って何かおかしくない?構成が完全なフェアは難しいのは解ってるけど、フェアじゃないのに各自ガチの100万負担は企画の土台として変。ベテランは100万払って場回しやりに来てるみたい。あと下ネタ禁止回、制約回もほしい。ドキュメンタルでの下ネタは飽きた。6時間を無理やりテンション維持するための非技巧的なメリハリの無い笑いと化している。

  • 5.00

    星2でも見る価値があった。

    Amazon Customer

    個人的には女芸人回の方が、ほかの芸人に終始何もさせずしつこくてウンザリする内容だったので今回は腹がよじれるほど笑いました。正直1vs9の戦いで加藤とはちみつ次郎が想定ザコシキラーだったんだと思う。加藤は如何せんレパートリーと中盤役不足だったかな?っていうかザコシがそれを上回る仕込みや強さを見せたね。笑わせるというのはボケとツッコミが必要であり、ツッコミは基本2人程送り込まれている。序盤に退場させると場が回らなくなるのでジャッジが甘くなるのは仕方がない事ですが今回明確なツッコミが3人もいたが、中盤を膨らませられず嚙み合わなかったのが残念。ギター侍からのサンプラー音源の残念や結果発表の流れは奇跡的で笑わなかった人って居ないんじゃないかな?加藤君では笑わなかったしダレるなって感じた所は10秒スキップ連打した。評価低くても見た理由は2話までに面白い人たちの遣り取りだけ見られればいいと思ったけど爆笑できました。

  • 2.00

    ザコシ→天才、加藤→邪魔、二郎→空気

    m123456

    ドキュメンタルはかなり当たり外れがある番組ですね。私のオススメはシーズン2とシーズン5です。このシーズンはまぁ、失敗ですね。以下ネタバレ含む。ザコシ→圧巻というか、とにかくあんなの目の前でやられたら厳しいと思う。なんでもありならこういうクラスのお調子者の極みみたいなのが強いと思う。良い意味でもう出ちゃダメ。加藤→チャレンジは認めるが、致命的につまらない。笑えない。いらない。迷惑。こいついなければもっと何か生まれたはず。宮迫→今回の笑いこらえ役、誰でも良い。小藪→笑い役兼、微突っ込み役。後藤→笑い役兼、回し役。必要だが、一人では笑いを産めない。せいや→良かった。モノマネのアドリブであれだけ話せるのはすごい。これからも頑張れ。ノブ→前半の笑い役、たまに出る独特の突っ込みはやっぱり良く生きる。長生きはできない。みちお→頑張りが足りない。もっといろいろ挑戦すべき。もっとやれたはず。ハチミツ二郎→空気。俺が出た方がマシ。何もできないなら笑え。笑い役にもならん役立たず。エゴサするなよ傷つくぞ。たむけん→書くの忘れてた!忘れるくらいってことで。orz.というわけで、面白いところ全編通して30分もないから暇で死にそうなら見たら?って感じ。

  • 1.00

    加藤がダメ

    羊毛

    ザブングルの加藤が本当に面白くない。つまらないだけならいいのだけど、終わりのないしかも同じ芸を何回も繰り返す。彼が前に出てくるたびにイライラした。最後のインタビューで「僕のはゴールのない芸なんで」とか話していたけど、ゴール考えてないだけでは?てかそれって芸なの?

  • 3.00

    これまでのシーズンの中では平均より下の印象

    つばさ

    【全体のレビューで評価が高かった芸人】・ハリウッドザコシショウ・霜降り明星 せいや【全体のレビューで評価が低かった芸人】・ザブングル 加藤・東京ダイナマイト ハチミツ次郎【全体のレビューで出演希望が多かった芸人】・野生爆弾 川島・FUJIWARA 藤本・ジミー大西【ハリウッドザコシショウ】これまでの作品を見ている方なら分かると思いますが、あのいつもの感じです。総合的に評価が高いようですが、ギャグが一辺倒になっており、また周りのボケやツッコミを拾うということもないので予想外の笑いにはつながりません。ギャグを全力でやることで、周りを笑わせるということはできていました。ただ個人的にはあまり好きなタイプの笑いではありません。【霜降り明星 せいや】今回のメンバーの中で個人的に最も株があがりました。前評判では、「せいやは粗品のおかげで面白く映っているだけ」、「委縮してしまって面白くないだろう」という意見が多かったのですが、意外にも健闘していました。また吉本の坂田師匠のモノマネをするところが面白く、尺も長めに使われていたので、そういった部分は制作陣にも評価されたんだと思われます。【ザブングル 加藤】これといった持ち芸が「泣く・怒る・叫ぶ・顔」しかなく、同じことを繰り返します。見ていて飽きてしまいますが、果敢に攻めていた部分などを松本から称賛され、またほかのメンバーを笑わせることもできていたのもあり、無駄に尺が長いです。後藤とはまた違うツッコミをする藤本などがいれば視聴者から見てもう少し面白くなっていたかもしれません。【東京ダイナマイト ハチミツ次郎】今回は空気のような存在になってしまいました。業界の中では評価が高く、また松本からも支持を得ている部分などもあり、今回で3回目の出演となりましたが、シーズン1の天竺鼠の川原と同様、持ち味を活かし切れていない部分が否めませんでした。【トム・ブラウン みちお】(ボケのほう)今回のメンバーの中で一番意外でした。制作陣からしたら実験的な部分もあるかとは思いますし、視聴者からしても未知数な存在なので、少し興味が持てました。個人的には、少しだけ開いた冷蔵庫のドアを周りから閉めろと言われ、冷蔵庫を閉めずにその周りを歩き、閉めろと言われまた冷蔵庫の周りを歩くシーンが面白かったです。【その他のメンバー】あのメンバーならああだろうなと、おおむね想像できる範囲のネタをしています。個人的に小藪のネタが面白かったです。メンバーの構成上、後藤がすぼんでしまっておりもったいなかったです。【感想】後藤を入れるんなら、藤本と野爆のくっきーも入れたほうが良いと思いました。また宮迫を入れるんなら宮川大輔とジミー大西も入れたほうが良いと思いました。毎回ここの制作陣は、出演メンバーなどが視聴者の思惑と食い違っている部分が多く、面白い要素よりも面白くない要素の方が多い、と感じている人がこれまでのシーズンの全体のレビューを通して多数派ということは分かることなので、いっそ出演者を視聴者投票で決めるというやり方にしたら面白いにしろ面白くないにしろ、納得する視聴者も多いのではないかと思いました。

  • 2.00

    ネタバレですが、最後に残った3人のうち2人がひどいです。

    gdjk

    以下ネタバレ含みます。シリーズ7回目の本作ですが、やはり例年どおり、ザコシショウは強かったです。彼の場合はほとんど笑いのツボが少ないのと、手数が多いからでしょう。問題はザコシショウと一緒に残った2人の芸人。一人は皆さんがつまらないと書いている人ですが、彼の場合「笑いそうになったときに顔芸でごまかす」という汚い手を使っていて、6割ぐらい笑ったのをセーフにして逃げています。ルール違反スレスレです。明らかに中盤ぐらいですでにアウトなのに、最後まで残っているのはこの番組の企画が全く公平な採点ができていない。顔芸で笑ったのを誤魔化していいなら、みんな顔芸に逃げるようになるでしょうね。そもそも彼のネタはそんなに面白くなかった。手数は多いですが、そんなに大笑いでもなかったです。あと、もう一人の残った芸人ですが、時間切れの最後の場面で、何と衣装部屋にいます。芸人が最後の最後まで笑いを作らずに、衣装部屋に逃げ込むとはどういうことでしょうか?プロの自覚に欠けるんじゃないでしょうか。プロならザコシショウみたいに残り1秒まで笑いを作ろうとすべきでしょう。中盤で彼が何回もお面を変えて出てくるんですが、誰一人落とせてません。面白くないからでしょうね。以上です。とにかくザコシショウ以外の2人はひどかった。ひどい2人が最後まで残ってしまった。

  • 5.00

    ドキュメンタル最高傑作【各芸人の良かった部分の感想】

    ドキュメンタラー

    今回のドキュメンタルシーズン7、死ぬほど笑わせてもらいました。他のレビュアーさんが、様々な意見や批判を述べていらっしゃいますが、自分なりに各芸人の良かったと思う部分を感想としてまとめました。良かったら読んで、皆さんの意見をコメントに残してくださいー!【以降、ネタバレになります】①ハリウッドザコシショウさすがの一言。『ザコシのザコシによるザコシのためのドキュメンタル』なんだなと改めて実感。1から笑いの流れを生み出せるだけでなく、流れの中での付け足しの笑い、流れを断ち切っての笑い全てをバランス良くできるところを見ると芸人としてのポテンシャルの高さが伺える。ただ、ザコシの笑いが合わない人にとっては今シーズンは苦行かも。。自分は死ぬほど笑わせてもらいました。ありがとうございました。②ザブングル加藤当たりハズレのある芸人。とにかく必死さは伝わってきた。今回のメンバーの中では明らかにテレビでの露出度、トレンド性が劣るだけに千載一遇のチャンスとばかりに張り切っていたのだろう。感心したのは波田陽区のくだり。騒ぐだけでなく芸人達を一箇所に集めて波田陽区のネタを淡々と読ませるようなシュールな笑いもできるのだと感心した。ただ、占い師やおっぱいのくだりなど、オチがなくハプニングでも起きて笑いが作れれば、みたいな投げやりな笑いは少し残念。ザコシの方がよっぽど男前。悔しい顔での回避は、いろいろ言われているがあれもポテンシャルだしアウトにする、しないは松ちゃんの裁量なので特に言われるほど問題ではないかと。③トムブラウンみちお意外だった芸人。ダメーーー:double_exclamation_mark:の印象が強く、騒ぎ立てる系の芸人と思っていた。ノブへのゼリーのくだりで、あぁ…と少し思ったが、その後のアダモちゃん、冷蔵庫のくだりなど流れを壊わさない、適度にシュールな笑いで感心した。ピザの配達にゼリーを勧めるくだりも切れ味があり、お笑いIQの高さと意外な一面を見ることができた。可もなく不可もなく。旬な芸人として爪痕残そうと必死にならず自然体で挑んだことで、評価をちょっと上げたような気がする。④霜降りせいや愛される若手芸人。空気も読めるし笑いの引き出しも多い、そして何よりクオリティが高い。さすがM1王者という感想。先輩芸人がたくさんいる中で、若手芸人として模範的な立ち振る舞い。ドキュメンタルで爪痕を残すというよりは単純に面白い空気を作りたい、楽しみたいという感じで挑んでいるのが伝わってきて好印象だった。先輩芸人に可愛がられそう、そして純粋にお笑いが好きそう。次回以降もドキュメンタルで見たい!と強く思った。⑤たむけん松ちゃんお気に入り芸人。あらゆるボケにジャブのようなツッコミでリズム感を生み出しているあたりがベテラン芸人らしい。こういった立ち振る舞いができる、陣内、たむけん、フジモンあたりがドキュメンタルにおいては実は一番不可欠な存在。その三人の中では、唯一ボケ芸人としての基礎を持っていることで、人を使う笑いも、使われる笑いもこなせるのが魅力なのかもしれない。松ちゃんの判定が明らかに厳しいところも、本当に気に入られている証拠なのかなと思う。今後も陣内、たむけん、フジモンは呼ばれるだろう。あらゆるパターン、組み合わせでの彼らの振る舞いを見たい。⑥ハチミツ二郎ザコシ専用撃墜機。ハチミツ二郎は、元々ドキュメンタルとは相性があまり良くない芸人。特に今回のメンバー構成で生み出される笑いの中では輝いてはいなかった。(というか輝ける空気感でなかった)が、松ちゃんもそこは織り込み済み。つまり、ザコシ専用撃墜機。前回圧倒的な強さを見せたザコシから笑いを取れる芸人として呼ばれた気がする。実際、唯一ザコシから笑いをとったのはハチミツ二郎だったので役割は十分に果たしたと思う。本人にとっては少しかわいそうなメンバー構成の中でのキャスティングだったかなと同情。逆に言うと、枠を一つ使ってでも倒せないザコシの強さが浮き彫りになった。⑦宮迫必要な「先輩芸人」。場を引き締めるという意味で、必要な先輩芸人かなあと思う。基本的な回しは、後藤やたむけんがやるなかで、場の空気や流れを変える一言や表情をポンと出せる先輩芸人はドキュメンタルにおいて必要なのだと思う。特に宮迫の笑いを堪える表情作りはうまいなあと思った。サバンナ高橋の表情とジュニアの空気感を持ったバランスの良い人選だなと素直に感心した。一定の秩序を保つための「先輩芸人」がドキュメンタルをドキュメンタルたらしめているのかもしれない。⑧小藪正直一番レビューに困る芸人。今回のドキュメンタルでの小藪の役割を考えると、本当に必要だっただろうかと思ってしまう。あらゆる役割を他の芸人が担える中で、小藪しか担える役割というものがなく、可もなく不可もなくといった感じになってしまったのかもしれない。たむけん、後藤、小藪の安定感のあるトライアングルでドキュメンタルの骨組を作ったという面では評価できるかもしれない。あと、卒業アルバムのくだりは個人的にかなり面白かった。⑨フット後藤ドキュメンタルのクオリティを上げた芸人。ツッコミができて、ボケができて、場回しができる、今回のメンバーにおいては司令塔のような役割。この司令塔的な芸人の質次第でドキュメンタルのクオリティが決まると言っても過言ではないくらい重要だが、今シーズンは後藤のおかげで非常に安心して見られるドキュメンタルに仕上がっていた。何が起きるかわからない実験的なドキュメンタルもそれはそれでいいのだが、バラエティ番組のような安定感があるドキュメンタルの方が一視聴者としては見やすいなあと思う。実験的企画からバラエティ番組にまでクオリティを上げた後藤の役割は非常に大きい。⑩千鳥ノブゲラ芸人。やはりゲラ芸人。ただ、ドキュメンタルにおいてはゲラ芸人はとても重要。特に序盤においては、ボケに対して面白いと反応する存在がいることによって、その後ボケやすい空気感が生まれるのは間違いない。ノブはゲラ芸人だが、ボケに対して静かに堪えるのではなく、分かりやすく騒ぐことによって『面白い』というレスポンスをしっかり表現するところに好感が持てた。ボケ芸人に愛されるツッコミだなあと思う。個人的にはゲラ芸人枠ならジミーよりもノブを推したい。今後も予告編で敗者コメントが流れるくらい、当たり前のようにすぐ消えるノブが見たい

  • 1.00

    ザコシのソロ公演であるため好き嫌いが分かれるかもしれない。

    ザック

    ウケていないのに誰かが笑うまで続ける。ウケたいから声を張り上げて誰かに接近する。このザコシのパワープレイをどう受け取るかで評価が分かれる回。特に今回は加藤がとんでもなくうるさく、そのウザさが突出していたこともあり(これはこれで評価して良いと思う)、この二人がつくる「テンション芸」比率が高くなってしまったため「巧い」笑いを必要としない流れになってしまったのが残念だった。ザコシは自らを最も活かしてくれる後藤と小籔を潰してしまったり、加藤のつまらなさに対しても有効な返しができなかったり、寒さが面白さに昇華することのないコウメ太夫をノープランで呼んだりしてしまったり、今回は残念ながら「悪いクラッシャー」になっていた。※クラッシャーで行くにはくっきーレベルの才能と引き出しが必要。とはいえ、小籔(卒業アルバムのネタは秀逸)やハチミツ次郎といったベテラン勢が目立たないながらも個性をしっかり出した仕事をしていたし、つまらない若手代表かと思っていた明星の子が瞬間的に覚醒していたり、見どころの多い回でもある。それだけに、ザコシ&加藤が牽引する低レベルな笑いが軸となったバランスの悪さが悔やまれるのだ。余談だが、ダウンタウン世代として、昨今の「松本劣化説」には断固反対してきたが、今回のバランスの悪さを是正することなく、ザコシを推す姿や発言を見ると今後のドキュメンタルへの一抹の不安は否めない。それぞれの良さが出るように、この場「回す」のはまっちゃんにしかできないと思うのだが…。

  • 3.00

    ザブングルのとこだけ飛ばして観よう

    もりもりワーゲン

    ザブングル全く面白くないのでそこだけ飛ばして観ました。

ライブDioAF34 バイクウエア/装備 【初回限定お試し価格】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ライブDioAF34 バイクウエア/装備 【初回限定お試し価格】

RECの提案

SUGGESTION

  1. 製品品質

製品品質

  • 厳しい社内試験

    RECの社内試験は、業界基準よりも3倍厳しいものです。これは業界の認証試験に対して確実にクリアしているだけではなく、製品寿命にわたって高い信頼性を発揮し、最も過酷な環境においても高い性能を発揮することを意味しています。

  • 厳選された素材と製造工程

    RECのモジュールは高品質であり、劣化(LID、PID)による電力損失の防止という点でも業界をリードしています。
    厳選された高い品質の材料を使用しており、製造工程においてもRBS(RECビジネスシステム)やRPDM(REC製品開発モデル)などを厳しく遵守し、一貫して最高品質のモジュールをお届けします。

最先端の製造工程

RECの製品は全てシンガポールの自社工場で生産しております。
スマートファクトリーをコンセプトにRECではインダストリー4.0をn型セル工場に採用しています。
工程作業を行うロボットが、ネットワークであらゆる情報にアクセスし、情報に応じて自由に生産方式などを組み替え、最適な生産を行うだけでなく、工場内に設置したセンサーが機械の異常やパフォーマンスダウンを感知すると自動的に修理します。

ページトップへ