icon CONTRA2 LEATHER PERFORATED JACKET,
Conversion Kit
その魂を解放する
ダイネーゼ Dainese レーシングスーツ(サイズ54)LAGUNA SECA,
LEATT/リアット ネックブレース 5.5 GPX 黒 S/M,

ナフサ様専用 【50%OFF】

ナフサ様専用
ロアーズオリジナルのマウンテンパーカーMサイズになります。 カラーはネイビーグレーになります。 昨年購入しましたが、着用機会が無くなりましたので出品致します。 定価は40000円ほどでした。 目立った傷等は無いと思いますが、素人判断になりますので、神経質な方はご遠慮下さい。 よろしくお願い致します。

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】

  • 4.00

    なかなか良い

    travis710

    ソウシリーズのファンには、やはり1作目が最高傑作ですが、これもなかなかの良作だと思います。ジグソウの登場の仕方の整合性、ラストでの伏線回収、どれもソウらしくて良い。

  • 3.00

    「ソウ」シリーズは未見だったが、そこそこ楽しめた

    ジャコバン派

    「ソウ」シリーズは観たことがなかった。そのためか、本作を観てよく分からない点もあったが、様々な仕掛けで一人また一人と殺されていく点は、ある程度楽しめた。特に、顔を半分切断された死体とか、レーザー光線で頭部を分割されて広がるシーンとか、グロテスクなシーンは良く出来ていた。それにしても、過去に罪を犯した人に対して私刑を行うのに、なぜこのような手の込んだことをするのか、根本のところがよく分からない。必殺仕置人のように、さっさと始末すればよいのでは?いや、ゲーム感覚で「罪人」たちを嬲り、死の恐怖を与えて楽しむのがジグソウという奴の特性らしい。とはいえ、このような手の込んだ仕掛けを秘密裏に、しかも一人で製作できるものだろうか?それなりに、財力も必要だろう。また、拷問・殺害の痕跡を警察に知られないように消去するのも大変だろうし、発覚のリスクは低くはない。あまり割に合わない行為のように思われるのだが。他の人達のレビューによると、ソウ第1作が一番面白かったようなので、機会があれば観たいと思う。

  • 2.00

    推理もので猟奇もの

    K太

    いろいろとチープですし突っ込みどころだらけでバカバカしいですが、グロ造形だけは力入ってます。最後に謎が解けてチャンチャン♪この手のものが好きなら楽しめるのかもしれませんが、私には無理でした。ただ、観終わってから知ったのですが、本作はシリーズものの8作目だったんですね。これまでの経緯を知っていればもう少し楽しめた可能性はあります。

  • 3.00

    一作目見てないですが…

    Amazon カスタマー

    シリーズ初見です。見てたらビミョーなデスゲームばかりでしたが、それなりに楽しめました。が、ファンの方々のレビューを読んで、確かにと思う部分が多々あったのでいくつか。ちょっとネタバレあります。最初の仕掛けは、鎖に引っ張られて回転する丸のこに切られるやつですが、たぶん、鎖の方が強いので、うまくいけば壊せると思う。次の罪を告白して注射打たないと首吊られるやつ。注射器の件は他の人が説明しているので良いですが、首吊り。あれって、鎖を前にしたら首の後ろで吊られるから窒息しなくないですか?あと、硬い石のとことか丈夫なドアとか殴って蹴ってますが、日が差し込む木材の壁んとこなんで壊さないの?っと疑問。どんどん行きます。足チョンパする床下ワイヤーは金属製のなんか挟むか歯車にかませば止まるっしょ!ちゃち過ぎる。サイロの上から穀物は笑ったけど、仕掛けとしたらよくできているけど、降って来た釘は3本一気に腕に刺さりません。丸のこ当たってもたぶん刺さんね。次。オートバイ駆動の回転ミキサーは、大掛かりなのに悲しい。だって、ブレーキ届いたのに、なぜか諦めた。なんで?って思った。出入り口の扉。スコップで破壊してたけど、他もっと壊せそうなとこいっぱいあった。最後のショットガン。あれは秀逸でした。でも、あれも疑問。目の前の人を殺すくらいなら鎖か鎖を止めている壁を撃ったら良いのにと思った。最後の仕掛けは…ちょっとなんか違うなぁっと思いつつも、思想がブレた模倣犯だし単純な復讐で終わっているのが、至高ではないと思う。見せかけるのに三人も殺してるし。美学がない。それともう一個疑問。墓を掘り返して確認したら、最初の人が見つかったアレ。墓暴いて、死体入れたなら、掘り起こした後があるからわかるっしょ!?何であのシーンにおk出すんだ。チープすぎる。エンタメとして、あの数々な脱出不可能なデスゲームは、クリア困難な物だったのだと、そう考えてみると良いと思います。一作目見ようかな。

  • 3.00

    観て損はなし。

    Hos

    過去作品の内容はもう忘れてしまったんですが、それ抜きにしてもなかなか面白い作品でした。

  • 3.00

    無理矢理感

    ケムマキ

    2以降はグダグダとグロいぜーどうだーみたいな押し付けがましさで早送りで見てました。今回もそんな期待せず見たらグロさを抑えて1に回帰してストーリーに重きをおいたんでしょうが、やっぱり無理矢理感は否めなかった…ジグソウが新後継者を育てるシーンは熱い青春物か!と突っ込みたくなる感じでウケました。ネタバラシはしませんが、新後継者、まーまー目をつけられてたのにどうやってかい潜って仕事したんだろうか

  • 4.00

    シリーズ終盤よりずっといい

    Amazon カスタマー

    シリーズ初期の雰囲気がありました。終盤の目まぐるしい展開も初期のSAWっぽいです。やっぱりジョンがいてこそのSAWだと思いました。彼が出てくるだけで雰囲気が変わります。常人には理解しがたい知性、異常性、神がかったカリスマ性に痺れます。

  • 3.00

    安っぽい

    Amazon カスタマー

    1が最高あれを超える物はない次が2かなあとは茶番

  • 4.00

    真相は面白い!

    K

    SAWシリーズは初めての視聴です。それでもなんとなくストーリーは分かります。ストーリーは思ったより単調ではなく、ちゃんと裏があり落ちがあり、面白かったです。ただこういうデスゲーム系はどうしても、「その装置は無理があるんじゃないか!?」とツッコみたくなってしまうのは仕方がないところ(笑)そこは、参加させられたらパニックになるから冷静な判断なんてできない!とか、すごい遠隔操作技術なんだ!とか、思った通りに行動しなかったときのために何パターンか用意してあるんだ!とか、どうにか理由をこじつけて自分を納得させて視聴するのがジャスティス!

  • 3.00

    面白かったけど、理解できない部分もあり

    藤原高彬

    中途半端な感じで終わってしまった感が否めません。ジグソウは生きていたの?女性助手はどこへ行った?バイクを売った男、ブレーキなんて修理すれば良かったじゃん。そんなに修理費かからないでしょ。面白かったけど、突っ込みどころもたくさんあったかなと思う映画でした。

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】

  1. ホーム
  2. バイクウエア/装備
  3. ナフサ様専用

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】


アロイス・ルーフ・ジュニア
(RUF AUTOMOBILE GmbH CEO)

ポルシェの優れたドライバビリティはそのままに、心臓部を変容させる。それが、RUFコンバージョンキット。その主目的はピーク値向上ではなく、ドライバーの胸を躍らせるエンジンへと生まれ変わらせること。
高いトルクがもたらす駆動力が、さらに車を駆り立てたい気持ちに応え、人馬一体の感覚を触発します。RUFコンバージョンキットが、高揚感を呼び戻します。

RUFコンバージョンエンジンの特徴

RUFエンジンに欠かせないのは、ボトムエンドからワイドバンドで活きつづける絶大なトルク。その成果が、鋭い立ち上がり、圧倒的な加速感。そして、出力の上昇感は、レブリミットまで絶え間なく続きます。その出力と駆動力の特性は、制御が容易くスムーズ。発進時や低速域でも、不安定なストレスを感じることもありません。

性能と耐久性の両立

キット導入前と変わらない高耐久性も実現。高負荷が続くアウトバーンでの高速巡航から、日本の過酷な渋滞路でのストップ&ゴーの連続まで、あらゆる場面に適応する走行性能と耐久性が備わります。キット導入前の車両と同等間隔での定期メンテナンスだけで維持が可能です。

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】

RUFパフォーマンスを備える証として、エンブレムをフロントフードに装着いただけます。
リアフードには、コンバージョンモデルのロゴデカール貼附も可能です。

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】

エンジンは各部が完璧に協調して、はじめて淀みない性能を発揮するもの。コンプリートカー用エンジン開発で得られた経験と知識を基に、給排気、冷却機構、過給器など全ての構成部品が、高水準で調和する再設計を施したのがRUFコンバージョンキットです。その為、RUF製ポルシェ用エンジンパーツは単品ではなく、トータルパッケージのキットとしてのみ提供しています。あらゆる機関を自社開発できる自動車メーカーだからこそ、具現化できるキットです。

近代エンジンの指揮をつかさどるのは、電子制御。RUF Automobileは、80年代後半から先駆的ECUを開発しています。長きに渡りポルシェエンジンを研究しつくしてきたRUFだからこそ、ECUとエンジンが協調する最適解も導く事ができるのです。

キット導入は、RUF Automobileから講習を受けた株式会社RTCの専任メカニックが、国内にて作業します。ECUやターボチャージャー等のコンポーネントは、ドイツ・RUF Automobileへと送られ、RUFエンジニアがコンバージョン作業を行います。*

*一部RTCが担当

ナフサ様専用 バイクウエア/装備 【50%OFF】

RUF Automobileは911SCやCarrera3.2等のクラシックモデルから、現行911まで対応する幅広いラインナップを、継続して販売しています。そのラインナップ自身が、エンジンキット開発の歴史の深さを体現するものです。
吸気系の刷新やECUコンバージョンにはじまり、排気系やターボチャージャー&インタークーラーを刷新するもの、さらにはNAエンジンをターボエンジンへと転換するものまで、様々なラインナップを展開しています。